総量規制の対象外の枠を申し込むためには?

総量規制とは、銀行やキャッシング会社などの金融機関からキャッシングをする時に、業者側が申込者に対して、申し込み者の年収の3分の1以上の金額は貸し付けてはいけません、と法規制によって決められた決まりごとです。

そのため、年収が100万円の人は、借りられて30万円ほどが限度だということです(実際にそこまで借りられるかわかりませんが)。そのため、学生や主婦の方ではそもそも大前提となる収入がないため、キャッシングの謳い文句に「学生や主婦でも借り入れ可能!」といったものがあるわけです。

しかし、この総量規制の制限を受けていない金融機関があります。それは銀行です。

銀行で借り入れをする場合、なぜ総量規制の対象外なのでしょうか。そもそも総量規制というのは、「貸金業法」という法律によって定められています。この法律、銀行は対象外なのです!特別な事情があって「除外」されているのではありません。

銀行には「銀行法」という法規制で縛られており、銀行は貸金業法の対象外なのです。その実、銀行で借りても、キャッシング会社で借りても利率に大した違いはありません。きちんと返せる保証があり、ある程度まとまったお金を借りたい方は、銀行でキャッシングを申し込むという選択肢もあるということです。