血糖値を下げてダイエットに成功しました

・こんなダイエットをして痩せることに成功した!

・リバウンドしないダイエット法!

で記事を進めさせてください。フロルフロラの解約方法は?

血糖値が高く、ヘモグロビンA1cを下げる目的で、人間の生命維持や身体活動などに欠かせないエネルギー源『タンパク質』『糖質』『脂質』の中で『糖質』を下げる方法で3ヶ月で体重93キロを67キロまで下げる事に成功しました。

一気に下げたせいか貧血が出て来て中止しましたが、食事の食べ方で・リバウンドしないダイエット法!が分った気がします。

『糖質』を摂取しなければなぜ痩せるのかですが、太る原因を理解すれば、その逆をすると痩せるということがわかります。

『タンパク質』『糖質』『脂質』が腸内でエネルギーになって身体を動かしていますが、余った栄養源が身体に蓄積される時にラード状になったのが太っている状態です。

『タンパク質』『脂質』食べて、食べても食べても痩せて行くためには、太っている原因の栄養源を化学変化させて『糖質』に変化されれば身体を動かすことができます。

私の場合、この『糖質』カット方で痩せました。

・リバウンドしないダイエット法!ですが、エネルギーが身体に与える時間を理解すれば分ります。

1分息を止めていると苦しくなります。これは、気体がエネルギーになるには数秒だと分る例えです。

液体は夏の暑い時に水を飲んだ時に30秒から1分位で汗が出てきますから、その程度の時間でエネルギーに変換されます。固体は朝起きたばかりの時に、直ぐに運動をしなければいけないような時に10分前にバナナを食べろと言われたりします。

パンでも10分。白米は30分。例えば白米を例に例えれば、食べてから30分以内に身体を動かせば太らないけれど、40分後だと10分太る原因を身体に蓄積されて行くと理解できると思います。玄米は2時間後ですから、食べた後に一眠りしても太りたくなければ、玄米を食べればいいのです。

食事をして何もしなければ、ひたすら太っていきますが、自分が食後身体を動かすまでに掛かる時間を逆算して何を食べたら良いのかを知れば・リバウンドしないダイエット法!になるのではないでしょうか