忘れっぽい私の匂いケアの一番重視は使いやすさ

仕事柄高温多湿なところで働ていて、しかも暑い日差しの中外に出ないといけないので、毎年春から秋は滝のように汗を流しています。いつもクーラーの効いているところにいられる人が本当にうらやましいです。私も涼しい顔していたいです。汗の匂い対策はいろいろやっています。

プルーストクリームの私の口コミ!使用した効果や最安値通販サイトをご紹介!

汗を抑え匂いも抑える制汗剤は、ローションタイプは家に2本、ほかにスティック状の塗るタイプも持っています。一番困るのが、自分が極端に忘れっぽいところです。そのため、汗のケアすることをうっかり忘れてしまいます。お風呂上りと出勤前に汗ケアをする習慣をつけようと思うのですが、やったりやらなかったりです。自分の汗が匂うなと思ったのに、その直後人と至近距離になったときは本当に後悔しました。あの時は絶対に相手に気づかれたと思います。

自分のイメージも悪くなっただろうし、相手に不快な気分にさせてしまったと思います。家で汗対策を忘れたとき用に、今はロッカーにもスプレータイプの制汗剤を入れています。バッグの中にはパウダー状にしたミョウバンを小さいケースに入れて持ち歩いています。パウダー状は脇の下につけるときはつけにくく、神経を使います。

それで痛感するのですが、やはりスプレータイプや塗るスティック形状タイプは素早く使えて、わきの下にしっかり付着させやすいのが魅力です。ローションタイプは、手に取り出してわきの下につけるときに必ずといっていいほど指の間からこぼれます。そのロスがもったいないし、わきの下にはしっかりつけられないしでイライラします。つけやすさを重視するのは必要だと思います。