みんなの気持ちを代弁?

先日、さんまのまんまスペシャルにゲストとして浅田真央さん、舞さん姉妹が出演されていました。バラエティ番組に出演するのは珍しく、しかもさんまさんとは初共演なのでとても楽しみにしていました。少しの間ですが、女優の米倉涼子さんの出演もかぶっていてさんまさんと4人でトークが展開されていました。さんまさんが真央さんに「採点競技の不満はあったでしょう?」とか「自分の方が勝ったと思ったことはあった?」という際どい質問をした時に米倉さんがすかさずフォローし「ありました!私は泣きながら見ていた」と言ったのです。米倉さんはバレエも経験されていてフィギュアスケートを観るのが好きなようで何度も真央さんの演技を直接見てきたそうです。フィギュアファンが真央さんの試合を見てきて思っていたことを代弁してくれたような気がしました。

真央さんは「それがフィギュアスケートだから仕方ない」と割り切った言い方をしていましたが、やはり見ていて真央さんの評価が過小評価されていたと感じていた人は多いはずです。私もずっと思っていましたが、めげずにぶつかっていく真央さんを見てこちらも負けじと応援をし続けてきました。今後は解き放たれたかのようにアイスショーで自分の思う演技を存分に楽しんでくれているのでは?と期待しています。