今日の午前中の出来事です。

子供達が夏休みに入ってから数週間が経ちました。長い長い夏休みですがもう来週には中盤に入ります。私の子供達は宿題をなかなかやりません。最後にまとめてやればいいやと言う考えなのです。確かに私も子供の頃は私の娘や息子と同じような思いでした。良く母親に怒られたものです。本当でしたら最初に、子供と言うのはどういう訳か初めにはやらないものです。私は最近放っておいています。苦しいのは自分達ですから宿題の工作等を毎年手伝っていますが、私が作ってしまったのでは自分の作品にならないからです。親が上手に作るのは簡単な事です。

でもそれでは子供の為にはなりません。だから私は心を鬼にして今年の夏は一切手伝うのを辞めようと思っています。保護者会に行って廊下に作品を出すのですが、ほとんどが親の作品になっていうのが分かります。そしてご両親が夏の終わり頃に作っている作品だと言うのも分かります。保護者がそれを分かっていますので先生はもっと分かっていると思います。その事を何も言わないのが先生です。私は遊び場開放と言う日曜日に学校を開放して遊べるように見守る保護者をしています。思ったのですがあまりにも暑いのでスプリンクラーをかけて下さるのですが子供達は大喜びです。子供の楽しい笑い声が何よりの嬉しさです。