栄養豊富な舞茸を食べよう!!

私は、ブナシメジや、えのきたけ、マツタケ、マッシュルームといった、キノコ類が好きですが、マツタケは高価でなかなか手が出にくいし、ブナシメジは母が食べにくいと言うことであまり買っておらず、じゃあ、なにを買っているかというと舞茸です。

舞茸なら安価で家計に優しいので、家族にも好評なのでよく買っています。

ということで、舞茸にスポットを当ててみたいと思います。

シロジャムは効果なし?手タレが愛用するハンドケアの口コミを徹底検証

この舞茸、キノコ類の中で面白い科名に属するキノコで、科名を、サルノコシカケ科と言います。舞茸について調べていたら、科名がこんな面白い科名だったことに思わず、「プッ」と笑いがこみ上げてきました。サルノコシカケ科なんて、この科名を付けた人は笑いをこらえながら命名したのかもしれないですね。

舞茸という名前の由来は、見つけると舞い上がるほど喜んだところからこの名前が付いたそうです。独特の香りと歯ごたえがあり、それが好まれて1975年頃から日本で食用キノコとして人工栽培が始まったそうです。

舞茸は低カロリーで、タンパク質や糖質、カリウム、鉄などのミネラル、ビタミンB群、ビタミンD、食物繊維など豊富な栄養が含まれています。ベータ-グルカンという有効成分が子実体(舞茸本体)に含まれ、それを精製させるとDM-フラクションという成分が得られ、このDM-フラクションに高い抗酸化力、免疫力を活性化する働きがあることが近年発見されたそうで、ガンの発生、増殖予防に効果がある成分として注目されているそうです。さらなる健康効果として、高血圧予防、肥満予防、便秘改善、大腸ガン予防、肝機能活性化に加え、血糖値の上昇を抑えて糖尿病予防、コレステロールを減少し、動脈硬化や心筋梗塞を防ぐなど、じつにさまざまな健康効果があるのですね。最近話題の生活習慣病予防や、ダイエット中の女性にも嬉しい食品ですね。

こんなに優秀な健康食品、舞茸。ふだんの食事に積極的に加えていこうと思いました。