令和元年5月22日の出来事。

毎年、5月22日は、関西に住む従姉から何かしらの贈り物が届きます。それは、その日は私の誕生日だからです。

いつも、気が付く従姉とは裏腹に、私は、自分の事ばかりです。

今年、50歳になったのですが、私は、プロ野球が大好きです。

毎年、誕生日には、球場まで、応援しに行きます。

しかし、今年の誕生日は、いつもとは違う本拠地球場ではありませんでした。

ビジター(相手チーム)のテリトリーとなる、沖縄での試合でした。

21日、22日と2試合沖縄で試合がありました。

「5月21日、私にとっては、40代最後の試合」でしたので、私は、「40代最後の試合!必ず勝って!!」とテレビの前に座って、応援しているチームに対して、祈る様な思いで見ていました。

結果、5点差を後、1点差と言うところまで、追い上げて、頑張っていましたが、結局、1点差で負けてしまいました。

その日は、「明日は、私の誕生日!必ず勝つよね!」と、呟きながら、就寝しました。

問題のめでたいはずの50歳の誕生日。

目が覚めると目眩がします。

「これは。」と思い、かかりつけの病院に駆け込みました。

立つことも出来なかったので、「また何か、病気になったのかな?」と思いました。

20代から今まで、人よりも多分、多く病院にお世話になっております。

なので、身体の変調には、敏感です。

病院に行って、主治医が不在だったのもありましたが、初めて診察して頂いた医師の診断によると、女性によくある目眩なのだとか。

注射をしてもらい、薬をもらって1週間様子を見る事になりました。

夕方までかかり、家に帰るとまだ、めまいがしていました。

「あ~。50歳になった日から、また病院のお世話になるなんて。」とがっかりはしたものの、私の仕事は座り仕事なので、「仕事に支障は無い!」とあくまでも、前向きな姿勢を取ったつもりですが、その日の試合も応援しているチームは、負けてしまいました。

踏んだり蹴ったりの誕生日でしたが、「今年はこれから上向いていくんだよね!」と思う様にします。

次の多分、令和11年5月22日の60歳の誕生日は、どんな誕生日になっているのか、楽しみです。