風邪のひき始めは温かい食材と睡眠

風邪をひきそうだと感じたら、ラーメンを食べると良いと知りました。もちろんラーメン自体に風邪を予防する力なんてありません。これは「温かいものを食べて休みなさい」という意味でしょう。体が弱っている時に人間は病気になります。

おもに空腹と冷えですね。熱々のラーメンなら、お腹も満腹になるし、体もポカポカです。わたしは卵を入れています。栄養満点ですからね。ラーメンが苦手なら、うどんでも良いかも知れません。冷たい食べものは控えるようにします。

人にもよりますが、わたしは食べたら眠くなります。そういう時は寝ます。食べた直後に寝るとウシになるそうですが、睡眠のほうが重要です。なるべく音が鳴る物を周りにおかないように。

スマホも電源を切っておきます。そして時間が許す限り、ひたすら寝ます。水分補給は忘れずに。ちゃんとトイレにも行くように。下手すれば半日まるまる寝ることも。そうすると翌日には気分がスッキリしています。

食べものは大事です。野菜ばかり食べていても、健康にはなりません。体の声に耳を傾けます。「もう疲れた」という声が聴こえてきたら、栄養のあるものを食べて、ぐっすり寝てください。元気になってから、次のことを考えれば良いんですよ。