携帯をマナーモードにしておくということ

電車の中でも病院の中でも仕事中でも、特別な理由がない限り、携帯はマナーモードにしておくことが常識だと思います。

特に仕事中であれば、他の人への迷惑になることがあります。

仕事用の携帯であればよいですが、個人的な携帯の場合には親族が危篤などの場合を除いて、常にマナーモードにしておくべきです。

もしも電話が鳴っても休憩時間中に折り返すなどの配慮も必要です。

携帯が鳴ったから電話に出てしまう、ということは失礼なことだと思います。

メールも同じです。

勤務時間中にこそこそメールの返信をしているというのは、目障りに感じる人もいます。

何故そんなに頻繁にメールをしなければいけないのか、その必要性をキチンと話して周りに理解をしてもらう必要はあるかもしれません。

電車の中でも普通に話をしている人がいます。

なんだかみっともない、と感じてしまいます。

話が周りに全部伝わってしまうということもあるので、どうしても必要な時以外は通話は控えるようにしなきゃいけないと思います。

いまどき、マナーモードの設定方法が分からないということはないと思います。

分からないのであれば、調べたり携帯電話会社に問い合わせをするなどして設定方法を知っておくべきだと思います。