台風の思い出と一日

今日は台風の予想だったため、1日外に出なくていいように、前日にご飯とお菓子を買いこんでおきました。自分がまだ学生だった頃の台風の思い出と言えば、暴風警報が出て休みにならないか、楽しみにしていたことです。本当に休みになる事は限りなく少なかったのですが、その休みになるかもしれないという期待感でのわくわくがとても楽しかった事を覚えています。仕事をするようになった今では、手放しで喜べなくなりましたが、今日のような休みの日は台風情報を見てその頃の気持ちを思い出しました。

結局、オンデマンドサイトで映画をずっと見ておりました。せっかく時間があるので、ロードオブザリングをシリーズで見始め、昼ごはんを食べた後、2作目を見て、夕飯後に3作目を見るという贅沢な一日の使い方でした。ロードオブザリングは、これも小さい頃本で読み、夢中になりましたが、映画で見ると1作2時間半を越える大作なので、さすがに途中でしんどくなってきます。2作目はネットで、あっても無くても一緒だという風に書いてあり、先日海外出張した際のフライトにも2作目だけ無かった、ということがありました。それでも物語自体は非常におもしろく、いつみても見ごたえがある作品だと思います。