雪遊び。雪掻き。雪遊び。

小さな子どもがいると、雨の日でも雪の日でも関係無く外に出たがります。それはもう癇癪起こすレベルで、外に行きたがります。うちの上の娘、2歳ですが思い立ったように靴下を持ってきます。「くちゅした」と言いながら。可愛いです。可愛いですけど、外に行くのは親としては大仕事なので準備がまず大変!

オムツ、着替え、ジャンプスーツ、手袋、ブーツに足カバー、飲み物にお菓子、除菌シートにビニール袋。

庭に出て庭で雪遊びしてくれるならそれでいいんですが、何故でしょう。庭じゃ満足できないとわかっているからか公園に行きたがるんです。だからこんなに荷物が増えるんですよね。

そしていざ公園に行くとソリを忘れたことに気付いたり。雪が積もりすぎててうまく遊べなかったり。ブランコは冬季は乗れないし、大好きな滑り台もちょっと危ない。結局この時期は公園に行っても雪と戯れるしかないんです。庭と何も変わりません。切ないです。

そしてへとへとで帰ってきたら今度は雪掻き。

あれって全身運動なのでダイエットにはとても良いですが、次の日全身筋肉痛になるので私は嫌いです。

そして雪掻きしている横で子どもって邪魔してくるから雪掻き終わらないんですよね。またこの時期が来たかとため息が出そうです。