ミュージカルって、楽しい!

『レ・ミゼラブル』、今シーズンが始まって一週間。

帝劇のチケットは瞬殺で全く歯が立たず、毎日”満員御礼”になっていて、信じられないプラチナチケットぶりに半ばあきれるほどです。

そんな私が昨年激ハマリしたのが『マリー・アントワネット』。

素晴らしいクオリティで、歌の魅力についうっかりずぶずぶにはまってしまい、帝劇に6回も通い、毎日YouTubeの公式動画を繰り返し観て脳内反芻する日々でした。

公演が終わった時には寂しくてたまらず…これまたついうっかり申し込んでしまったDVDが二枚組で18000円…わぁ、凄い、よくそれだけつぎ込めたな、と思いましたが。

申し込みから半年、そのDVDが今朝手元に届いたのです。

いや、もう、感動の追体験ですよ。

すごい歌声に鳥肌がぞわっと湧き上がるような感覚。

欲を言えば、ブルーレイにしてもらってより鮮明な画像にあと5000円くらいなら払っちゃうぞ、と思いますが…歌はね、十分なクオリティで再現されるんです。

脳が痺れます。

人の声って、すごい。

歌声が波のように紡がれて物語を構築していくそのパワーは、切り取られてそのままここに残されているのです。

ああ、また再演してくれないかなぁ。

久しぶりにリアルにどっぷりとはまってしまったミュージカル。

チケットが取れないなりに、楽しむ方法はあるものだなと思いますが、めげずに次の発売にかけてみようと思います。

まだ見たことがない人には、ぜひ一度生で見て欲しい。

日本のミュージカルのレベルは凄まじい域に到達していますよ。